火・木・土発行

1カ月720円(消費税込み)

ホーム

2017年   8月記事

2017年   7月記事

2017年   6月記事

2017年   5月記事

紙面紹介

取り扱い店

広告案内

各種サービス

バックナンバー

フォトサービス

紙面ラミネート加工

家庭菜園CDーROM

北国街道400年CDーROM

善光寺1400年の旅CDーROM

長野の大地地学歳時記CDーROM

航空写真プリント

市民書道大会

赤ちゃん新聞

採用情報

長野市民新聞キャラクター「しーちゃん」

長野市民新聞キャラクター

「しーちゃん」

2017年  6月記事

長野産ヘーゼルナッツで試作品

 アイスクリーム製造販売会社の「フル里農産加工」=上駒沢=が、古里地区内外の農家4軒と共に遊休農地を活用してヘーゼルナッツの栽培に取り組んでいる。同社によると、輸入に頼っている同品種を換金作物として国内で栽培するのは「他に聞いたことがない」。寒暖の差が激しい長野市の気候風土は産地の一つイタリア北部トリノと似ており、安定的な収穫が期待できるという。この秋には収穫物を使ってアイスなどを試作販売する計画だ。

 (2017年6月29日、紙面で詳報を)

 

 

 

戸隠・ソバの花、そよ風に揺れ

 戸隠地区一帯で特産のソバの花が見頃を迎えている。純白の小さな花がそよ風に揺られ、山里に夏の訪れを告げている。

 (2017年6月29日、紙面で詳報を)

 

 

 

 

トガクシショウマ平地栽培増

 山間地に生息する希少な高山植物で栽培が難しいとされる「トガクシショウマ(トガクシソウ)」の平地での栽培が広がっている。生息地の戸隠や鬼無里の公民館が毎年開く栽培講座に市街地から受講者が集まっている上、平地の公民館でも昨年から講座を開くなど、生育技術が浸透してきたことが背景にあるようだ。県は栽培の広まりが野生下での採取抑制につながる可能性もあるとして歓迎している。

 (2017年6月27日、紙面で詳報を)

 

 

 

川中島でソルガム

 川中島地区で遊休農地を活用して市民菜園を運営するNPO法人「夢テラス川中島」は6月23日、収入対策としてイネ科の作物「ソルガム」の試験栽培を川中島町今里の菜園内で始めた。ソルガムは栄養素を含む実をはじめ葉や茎の有効利用が期待できるため、地域の遊休農地対策に生かすとともに栽培収益を組織基盤の安定化に充てる考え。

 (2017年6月27日、紙面で詳報を)

信里住民が婚活支援

 篠ノ井地区住民自治協議会・信里地域委員会は6月20日、地元の独身男女の結婚相手探し(婚活)を支援する住民組織を発足させた。今秋にも地域の特色を生かした体験型の出会いイベントを開く。独身者には「山あいの地域は結婚のマイナス条件になりやすい」との悩みがあるため、里山の魅力発信と過疎化地域の人口増を目指して住民たちが立ち上がった。

 (2017年6月24日、紙面で詳報を)

 

 

 

昔の鬼無里の広告チラシ

 鬼無里ふるさと資料館で、明治期から昭和初期まで鬼無里地区内の商店が各家庭に配布していた広告チラシ「引札(ひきふだ)」6枚が展示されている。縁起物の絵柄と商店名、取扱商品名が描かれており、当時の地域の商売がうかがえる。

 (2017年6月24日、紙面で詳報を)

 

 

 

中央通り一体的整備へ

 中央通りのうちJR長野駅前から新田町交差点までの道路管理が、来年4月をめどに県から長野市に移される見通しだ。善光寺表参道でもある中央通りは同交差点以北が市道で、通りの北と南で道路管理者が異なることが一体的な道路整備を進める上で課題だった。市は移管後、市道部分で実施済みの歩行者優先道路の延伸などを視野に、地元関係者らと協議する考えだ。

 (2017年6月22日、紙面で詳報を)

 

 

 

飯縄神社奥宮の修復始まる

 飯縄山頂(1917㍍)にある飯縄神社奥宮で6月19日、損傷が激しかった屋根の修復工事が始まった。初日は飯綱高原スキー場の駐車場からヘリコプターで資材が運搬され、氏子らでつくる建設委員会の関係者や地元住民が作業を見守った。7月10日ごろまでには工事を終える予定。

 (2017年6月22日、紙面で詳報を)

 

 

 

 

篠ノ井の市施設の在り方討議へ

 長野市は、篠ノ井地区の市有施設の在り方を公募市民と討議するワークショップ(体験型学習会)を8~9月に4回、篠ノ井公民館で開く。改築の方向で検討している市南部図書館=篠ノ井御幣川=の将来像をはじめ、人口減少に対応する公共施設の再配置をどう進めるか市民と探るのが狙い。

 (2017年6月20日、紙面で詳報を)

 

 

 

丹波島の犀川右岸で補修工事

 北陸地方整備局千曲川河川事務所は、昨年の台風被害で崩れた丹波島の犀川右岸斜面の補修工事を進めている。コンクリートなどで河岸を補強し、以前から続く浸食も食い止める狙いで、4月に着工。すでに7割ほどが完了し、7月末には工事を終える見込みだ。

 (2017年6月20日、紙面で詳報を)

信更小児童がバドクラブ活動

 信更小学校に通う児童の保護者有志は、小学生の基礎体力向上を目指して「信更バドミントンクラブ」を発足させた。同小2~6年生13人が所属し、2月から週1回の練習に励んでいる。地元の信更中学校には運動の部活動としては唯一のバドミントン部があるため、小・中学校9年間を通して同じスポーツに打ち込める環境も整えた。

 (2017年6月17日、紙面で詳報を)

 

 

 

富士の塔登頂合図で麓へキラリ

 共和小学校の5年生61人は6月14日、自然体験学習の「高原学校」で小田切地区の里山「富士の塔」に登った。標高998㍍の山頂に到着すると、手鏡に太陽の光を反射させて篠ノ井小松原の同小校舎に向けて登頂の合図を送った。

 (2017年6月17日、紙面で詳報を)

 

 

 

信更ゆかりの武将にスポット

 信更公民館は、戦国時代に地元の上尾城を拠点に活躍した武将で、後に福島県白河市の白河小峰城の城将を務めた平林正恒(1550~1622年)の東北地方での足跡をたどる研修旅行を、7月4、5日に1泊2日で計画している。戦国大名・上杉氏の家臣として出世した地元ゆかりの人物を掘り起こし、光を当てようと企画した。地区内外から参加者を募っている。

 (2017年6月15日、紙面で詳報を)

 

 

 

松代駅舎活用案でコンクール

 松代町のまちづくりを考える若者グループ「わっしょい松代」は、未就学児~高校生を対象に、廃止された長野電鉄屋代線旧松代駅舎の活用案をイラスト画とともに募るコンクールを開き、このほど入賞作品を決めた。最優秀賞は、小学生の部で「真田風の松代駅」を描いた松代小6年の山口遼馬君、中学・高校生の部で「観光客天国の松代駅」を提案した松代中2年の髙崎悠輝さんをそれぞれ選んだ。

 (2017年6月15日、紙面で詳報を)

 

 

 

地域住民が〝先生〟

 三陽中学校(佐藤文博校長)=高田=は、全校生徒627人を対象に週2回実施している放課後学習「学習れんげタイム」に、学習を支援する地域ボランティアをこのほど導入した。本年度は学年ごと毎回決まった教科のプリント学習に取り組むが、教科担任の数が足りないこともあり、住民の協力で指導態勢を整えたい考え。地元の朝陽地区から協力者を募っている。

 (2017年6月13日、紙面で詳報を)

 

 

 

災害に備え戸隠で大規模訓練

 長野市と戸隠地区住民自治協議会は6月11日、土砂災害に備えた防災訓練を戸隠農村環境改善センター一帯で行った。同地区にとっては05(平成17)年に旧戸隠村が市と合併して以降初の大規模訓練。住民や行政、消防、警察関係者ら計約300人が参加し、災害時の対応方法を確認した。

 (2017年6月13日、紙面で詳報を)

吉田で高齢者虚弱予防の実験

 吉田4の通所介護施設「スマイルセンターフランセーズ悠よしだ」は、高齢者の虚弱予防を研究する筑波大学大学院の山田実准教授(36)の研究室と、森永乳業グループの医療用食品会社「クリニコ」=東京都=と連携し、高齢者の虚弱予防としてトレーニング器具や健康食品の効果を探る実証実験を始めた。結果を基に、筑波大がこれらを取り入れた運動プログラムの開発を目指す。

 (2017年6月10日、紙面で詳報を)

 

 

 

猫の保護数が増加

 犬猫の殺処分ゼロを目指して本年度新設した長野市保健所動物愛護センターで、4月1日から6月8日までの猫の保護数が76匹と、例年同時期の50匹前後に比べて増えている。同センターは「愛護の名称から持ち込む人が増えたのではないか」と分析。「収容数が多いと衛生面が心配」として対策を検討している。

 (2017年6月10日、紙面で詳報を)

 

 

 

若穂のピザ店、食で地域PRへ

 若穂保科にあるコーヒーとピザの店「ねこぽぽテラス」(店主・北澤翼さん)は、店舗隣の地域公民館だった建物を改修し、地元産ジビエ(野生鳥獣肉)や野菜などを使ったパン工房と、農産物直売所を9月をめどに開設する。食を通じて来店客に地域の魅力をアピールする狙い。若穂地区内の周遊を促すためのガイドマップも制作する。

 (2017年6月8日、紙面で詳報を)

 

 

 

飯縄山で清掃登山

 飯綱高原観光協会などでつくる「飯綱高原を美しくする会」は6月5日、飯縄山(標高1917㍍)の開山祭に合わせて、登山道を清掃した。約30人が参加し、ごみ袋を片手に新緑に包まれた登山道を歩いた。

 (2017年6月8日、紙面で詳報を)

 

 

 

檀家らが光林寺経蔵保存会

 篠ノ井小松原の光林寺で江戸末期に築造された経蔵の修理・保存を目指し、檀家らが「光林寺経蔵保存会」を結成した。明治初期に内部に設けられた回転式収蔵庫「輪蔵」を含め、一体的に後世に残したい考え。何らかの文化財指定・登録の申請も目指しており、市教育委員会文化財課に依頼してこのほど初の現地調査を行った。

 (2017年6月6日、紙面で詳報を)

 

 

 

小田切で鉄道模型文化祭

 小田切地区の小田切鉄道模型展示館と小田切公民館で6月3、4の両日、鉄道模型に親しむ催し「小田切鉄道模型文化祭」が初めて開かれた。地区内外から親子連れや鉄道ファンら約270人が訪れ、レール幅9㍉の鉄道模型「Nゲージ」の展示を観賞。コレクションの車両を持ち込んで走らせるなどして楽しんだ。

 (2017年6月6日、紙面で詳報を)

ぽんすけ商標でリンゴや米

 篠ノ井信里地区のため池に生息する淡水魚の希少種「シナイモツゴ」を保護する住民や研究者らのグループが、地元で呼ばれているこの魚の愛称「ぽんすけ」を商標登録し、地域の農産物などに使用してブランド化を進めている。昨年のTシャツやステッカーの製作に続き、今年はリンゴや米を栽培して、ぽんすけの名称入りで販売する計画。商品を通じて保護活動への理解を広げる狙いだ。

 (2017年6月3日、紙面で詳報を)

 

 

 

大岡でのろしリレー

 大岡地区住民自治協議会の地域づくり委員会は、8月11日の「山の日」に合わせて、地区内4カ所に残る山城跡で順に「のろし」を上げるイベントを実施する。戦国時代に情報伝達の手段として用いられたのろし上げを通じて、山城の存在や歴史に光を当てようと初めて企画。

 (2017年6月3日、紙面で詳報を)

 

 

 

東条小、羊飼うんだヨー

 東条小学校の2年生(児童数28人)は、同じ松代町内にある県農業大学校から羊1匹を借り、5月30日から飼い始めた。来年3月までの飼育を通して問題解決の力を養い、命の大切さの理解につなげる。同大学校の教員と学生がトラックで小学校に羊を運び込むと、児童はさっそく餌をやるなどして触れ合った。

 (2017年6月1日、紙面で詳報を)

 

 

 

 

富士の塔に方位磁石がぶれる石

 小田切地区の里山「富士の塔」(標高998㍍)の山頂付近で、方位磁石を近づけると針がぶれる不思議な石が見つかった。落雷の影響で磁性バランスが崩れたと考えられ、住民たちは神秘的な力があるとされる「パワースポット」として注目。麓の長野市青少年錬成センター=山田中=は、地域の新しい名所にしよう―と張り切っている。

 (2017年6月1日、紙面で詳報を)

ぽんすけ商標でリンゴや米
大岡でのろしリレー
東条小、羊飼うんだヨー
富士の塔に方位磁石がぶれる石
吉田で高齢者虚弱予防の実験
猫の保護数が増加
若穂のピザ店、食で地域PRへ
飯縄山で清掃登山
檀家らが光林寺経蔵保存会
小田切で鉄道模型文化祭
信更小児童がバドクラブ活動
富士の塔登頂合図で麓へキラリ
信更ゆかりの武将にスポット
松代駅舎活用案でコンクール
地域住民が〝先生〟
災害に備え戸隠で大規模訓練
信里住民が婚活支援
昔の鬼無里の広告チラシ
中央通り一体的整備へ
飯縄神社奥宮の修復始まる
篠ノ井の市施設の在り方討議へ
丹波島の犀川右岸で補修工事
長野産ヘーゼルナッツで試作品
戸隠・ソバの花、そよ風に揺れ
トガクシショウマ平地栽培増
川中島でソルガム

Copyright The Nagano Shimin Shimbun

編集制作センター 〒380-0943 長野市安茂里差出1029-1 ☎ 0120-06-5511

南長野支社 〒388-8007 長野市篠ノ井布施高田1295-3 ☎ 026-299-5988

本社 〒381-0024 長野市南長池138 ☎ 026-251-1546