火・木・土発行

1カ月720円(消費税込み)

ホーム

2018年   2月記事

2018年   1月記事

2017年  12月記事

2017年  11月記事

取り扱い店

広告案内

各種サービス

バックナンバー

フォトサービス

紙面ラミネート加工

家庭菜園CDーROM

北国街道400年CDーROM

善光寺1400年の旅CDーROM

長野の大地地学歳時記CDーROM

航空写真プリント

市民書道大会

赤ちゃん新聞

採用情報

長野市民新聞キャラクター「しーちゃん」

長野市民新聞キャラクター

「しーちゃん」

2018年  2月記事

浅川ダムを核に地域活性化

 浅川ダム=真光寺・一ノ瀬=を生かして地域活性化を図ろう―と、地元の浅川地区住民と市や県の関係機関でつくる「浅川ダム周辺利活用懇談会」が発足した。今年夏にダム施設を公開する「ダム祭」を開く他、4~11月に月1回、ダム展望広場で地元野菜の直売所を開設。周辺に花を植栽したりウオーキングコースを策定したりして誘客につなげる計画だ。

 (2018年2月3日、紙面で詳報を)

 

 

 

英国の映像祭で特別賞

 翻訳家の傍ら、趣味で映像作品を制作する跡部洋さん(32)=金箱=は、スマートフォンで撮影したショートムービーが、昨年11月に英国ロンドンで開かれた国際映像祭「スウェーデンボルグ フィルム フェスティバル」で大賞に次ぐ特別賞を受けた。同映像祭は実験映画作家を発掘するのが目的で、日本人の受賞は初めて。

 (2018年2月3日、紙面で詳報を)

 

 

 

水道管の凍結相次ぐ

 強い寒波の影響により、長野市内で水道管の凍結や破損が相次いでいる。道路の凍結によるスリップ事故も多発。ホームセンターでは暖房用品を買い込む客が目立つ。長野地方気象台によると、市内上空には2月4日以降に再び寒気が流れ込み、氷点下5~7度ほどの冷え込む日が続く見通し。引き続き十分な寒さ対策が必要だ。

 (2018年2月1日、紙面で詳報を)

 

 

 

松代案内を英語で配信

 松代町のNPO法人「夢空間松代のまちと心を育てる会」は2月1日、外国人観光客を誘客しよう―と、地元の観光情報を英語で紹介するスマートフォンやタブレット端末向けのウェブサイトを開設した。清泉女学院短大国際コミュニケーション科の学生と連携して制作。城下町松代の歴史をはじめ、観光スポットや地図、交通情報などを掲載する。

 (2018年2月1日、紙面で詳報を)

浅川ダムを核に地域活性化
英国の映像祭で特別賞
水道管の凍結相次ぐ
松代案内を英語で配信

信州新町小の移転を検討

 長野市教育委員会は、信州新町小学校の校舎が老朽化している上、県の土砂災害特別警戒区域に一部かかっているとして、安全面から将来的に町内の別の場所への移転を検討している。地元側には、空き教室がある信州新町中学校舎を移転先に提示。両校PTAなどは7日、現在地からの移転には賛同するものの、新校舎建設も含めて地元と十分協議するよう求める要望書を市と市教委に提出した。

 (2018年2月10日、紙面で詳報を)

 

 

 

白馬のスキー客を松代へ誘致

 松代町のNPO法人「夢空間松代のまちと心を育てる会」は2月7~11日に計4回、北安曇郡白馬村に滞在中の外国人スキー客を町内に招き、伝統文化の体験などでもてなしている。外国人を誘客するため、同村の旅行会社と提携し、バスツアーを受け入れた。

 (2018年2月10日、紙面で詳報を)

 

 

 

 

90年前のオルガン復活

 七二会中学校は、校内に保管していた90年ほど前の鍵盤楽器「リードオルガン」を修復し、2月6日、全校生徒31人にお披露目した。オルガンの音色を通じて生徒が地域の歴史に思いをはせ、郷土愛を育んでほしい―と、土屋敏行校長(59)が音の出ない状態から4カ月かけて直した。生徒たちはよみがえったオルガンから響く柔らかい音色に聞き入った。

 (2018年2月8日、紙面で詳報を)

 

 

 

スパイラルで最終滑走

 長野市は2月5日、本年度で冬期の製氷を休止する市ボブスレー・リュージュパーク「スパイラル」=中曽根=で、最終滑走のセレモニーを行った。競技や管理・運営の関係者が見守る中、「ありがとうスパイラル」のメッセージを車体に貼って青色にライトアップした4人乗りボブスレーが滑走。22年にわたる競技施設としての閉幕を飾った。

 (2018年2月8日、紙面で詳報を)

 

 

 

遊休農地の活用で知事賞

 上ケ屋の農家38軒でつくる「平生産管理組合」は2月5日、県の「遊休農地活用功績者表彰」で最高の県知事賞を受賞した。遊休農地で共同栽培した大豆の商品化や、組合員同士が有償で農作業を手伝う「営農支援制度」の実施など、傾斜地が多く農業に不向きとされる地域で独自性のある活動を展開して評価された。県によると、今回で13回を数える同表彰で市内団体の受賞は初という。

 (2018年2月6日、紙面で詳報を)

 

 

 

「将棋実戦集」を出版

 将棋が趣味の上野清人さん(68)=柳原=は、自らの対局記録の棋譜(きふ)を対戦の相手や場所、寸評とともに紹介した将棋実戦集「遥かなる道Ⅳ」をこのほど自費出版した。実戦集の発行は4冊目で、今回は11(平成23)年9月~12年4月に各地で取り組んだ100局の棋譜を掲載。これまでに掲載した棋譜は、今回分を含め2100局に上る。

 (2018年2月6日、紙面で詳報を)

信州新町小の移転を検討
白馬のスキー客を松代へ誘致
90年前のオルガン復活
スパイラルで最終滑走
遊休農地の活用で知事賞
「将棋実戦集」を出版

Copyright The Nagano Shimin Shimbun

編集制作センター 〒380-0943 長野市安茂里差出1029-1 ☎ 0120-06-5511

南長野支社 〒388-8007 長野市篠ノ井布施高田1295-3 ☎ 026-299-5988

本社 〒381-0024 長野市南長池138 ☎ 026-251-1546